【7月3日 オンラインセミナー】膜タンパク質相互作用の特性評価、解析 | ザルトリウス・ジャパン株式会社

トップニュース

2024.05.27

【7月3日 オンラインセミナー】膜タンパク質相互作用の特性評価、解析

膜タンパク質は細胞間シグナル伝達の大部分を支配し、医薬品ターゲットとして最大の割合を占めます。その相互作用を解析し評価することは創薬研究において非常に重要ですが、膜タンパク質は脂質二重層に組み込まれているため、可溶性タンパク質と比較してその測定は一般的に困難です。当社のOctet®生体分子間相互作用解析システムのバイオセンサーテクノロジーは、その表面で単純な膜タンパク質だけでなく、150 nmサイズのリポ粒子に組み込まれた膜タンパク質、ナノディスク化した膜タンパク質など様々な状態でサンプルを測定可能です。詳しくはぜひセミナーにご参加ください!
 

お問い合わせ

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
※「〇〇のことですか?」「〇〇ではありませんか?」といった注意文が下に表示されても、ご入力されたEメールアドレスで間違いないようでしたら、そのまま送信できます。
-